このページの先頭です
信州生活をもっと楽しく!長野県のイベント情報や話題が満載のサイト!


安曇野井戸端かいぎ通信

臼井吉見の大河小説「安曇野」で全国に知られるようになった安曇野に憧れて、2000年の夏に関東から移住して来ました。06年創刊の市民投稿誌「安曇野井戸端かいぎ通信」のブログ版として、日常の出来事から時事問題まで幅ひろくまさに、井戸端かいぎ風に書き綴っていきたいと思っています。

プロフィール

ニックネーム:
あづみの きみ麻呂
自己紹介:
元斜陽時代<昭和40年代>の映画屋で、大島渚監督プロや石原裕次郎プロモーション等で映画製作に関わりました。ジャズと野球と桜と山岳景色大好き人間のあづみのきみ麻呂です。2000年の夏、埼玉県から安曇野の自然環境に惹かれて移住してきました。安曇野地域の合併に関わり、ひたすら安曇野のまちづくりに取り組んできました。

カレンダー

      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31      
<<2014年 8月 >>

新着コメント

タグ

 
安曇野
信濃グランセローズ
 安曇野
 池田町観光協会
 デジブック
 北アルプス
  
デジブック
東日本大震災
ブログの〆は信濃グランセローズで!

◆3月31日信州Liveonの最終日です!逡巡しましたが、午前0時まで余すところ4時間半を切ったところで決心しました。このブログの最も多く投稿してきた信濃グランセローズねたで締めない手はないと思いまして、本日、Facebookに紹介した2014年のBCリーグ開幕情報をリンクさせて頂くこととしました!

◆BCリーグ信濃グランセローズの開幕は―4月12日~13日、松本のホーム開幕戦からスタートです!本日、グラッチェクラブから会員証などが送られてきた。
はてさて、今年や如何に?
力を入れず、期待も余り持たず、楽しむ心算で観に行くことに
したい。そう、思っています!
 
  • ▼ダイチ君のお父さんと思われる方からのコメント;
    Akihiko Takeuchi · 共通の友達: 竹内 大地さん
    今年こそ優勝。

  • 木下 俊美 ですね!そう願いたいですね!
  • 併せてダイチ君の活躍を祈念しております。
  • Akihiko Takeuchi · 共通の友達: 竹内 大地さん
    宜しくお願いいたします。

続きを読む >>
さよなら!きみ麻呂爺さんbyマロン;

◆3月25日の―「さよなら信州Liveon」へ、【マロン】というHNの方から感動的な、私へのお別れコメントが入っていました。このまま最後にするのは余りにも口惜しく~最後の最後、この素晴らしいコメを書き残してお別れとしたいと思います。

▼マロンさんからのコメント:

◆It All Over Now、Baby Blue : Bob Dylan 

http://youtu.be/af7ngGxEusE

 

※最終ブログのフォトは―

2010年11月に亡くなった安曇野市・堀金「扇町堤の桜並木」の―

思い出の中のフォトです! 

 

****************** 

続きを読む >>
さよなら信州Liveon:最終章Ⅹ

♪早 春 賦♪

http://youtu.be/BlhV3BwDgvI

 

◆さよなら信州Liveonと題して―

「安曇野井戸端かいぎ通信」最終章Ⅹを徒然なるままにキーを叩いてみます!

―と始めましたが、最早?文字送りが旨くいきません。何回か打ち直してみるんですが同じような<文字が消えてというか欠けていってしまいますので、残念ながらこれ以上続けられません。長い7年間にはこういった不具合もありましたが、これもこのブログのご愛嬌ということで寛容な気持ちになるくらい―愛着のあるブログでした?!今日まで色んな方からコメントを頂きました。岩エ門さまを初め、DT33さま、シガ支部長さま、富士の国の住人さま、松川町のネット裏二人さま、池田町観光協会のてるみんこと下條さま&ほたる君、syk君、aki坊さま他、大勢の方からでした。本当に有難うございました。ネット社会も~「ホームページ」~一般人もやれる「ブログ」が時代のステータスとされていましたが、猫も杓子もやれるというと価値観も陰りが見えて来て、2チャンネル~Twitter~Facebook~LINE等々SNS(ソーシャル・ネット・サービス>の時代に取って代わられることになってきているようです。いづれにしましてもこのブログには好き勝手を書かせて頂きました!時には愚痴も、怒りも、涙の話しも、政治の話しも。また、3・11「東日本大震災」支援のためのブロガー仲間で立ち上げた「踏んばる会」の活動で―栄村へ若干な額ではありましたが寄付できたことは最大の思い出として残っています!信濃グランセローズネタは数知れず?一時のアクセス数は驚異的な数字でしたが、ある時期から低下の一途を辿ってきました。しかし、我が住まい<安曇野市・堀金>のイタリアン「プルチーノ」へのアクセスは現在、14445にものぼっており、私のブログの唯一、自慢のヒットブログになりました。思い出は尽きません。最終章なのにこういう連続表記で読みづらいものになりまして申し訳ありません! 皆々様、本当に長い間ご愛顧頂きまして有難うございました!

 

 

続きを読む >>
最多アクセス@プルチーノ!最終章Ⅸ

◆安曇野井戸端かいぎ通信◆

~最終章Ⅸ~

 

◆あづみのきみ麻呂のザレ言;
☆おらが隣組の―ナイス、イタリアン!
三月で終了する<信州Liveon>「安曇野井戸端かいぎ通信」。
2007年に信毎から誘われるままにブロガーとして始めた初の
ブログで、最高のアクセス数だったのが【お店・施設】で紹介した
<2014年3月20日現在:アクセスカウント<14445>!...


⇒イタリアン・レストラン 

『 プ ル チ ー ノ 』

IN

安曇野市・堀金


▼こんな田舎に、なんて!

お洒落なレストランが

出来たんでしょう!?

★わたしの住まいのほんの近くにこのプルチーノがあります。

言わば隣り組みさんとも言える所なんです。

建物が出来てから~そう、もう、かれこれ、

1年近くにもなります。

何の店が出来るんだろうか?・・・と思い始めてからも、

なかなかオープンしませんでした。

その理由は店の方に尋ねてみてください。

★松本市・梓川から北へ穂高~大町~白馬へとつながる、

大型農道を進んだところにある、「ベイシア安曇野ほりがね店」

の北側、「めがねの弐萬円堂」と「ばんだいラーメン店」の

後ろ側の隠れた所。

チョット分かりづらい位置にありますが、

入ればとても素晴らしい洒落たレストランです。


★ゆっくり、ごじんまりとやっていきたい~というのが

このオーナー(ルクープル)の願いのようです。


―だから、今のところ、平日のランチ営業<11:30-14:00>

のみで、#サラダ・パスタ(ピザも選べます)・飲み物にー

パンも付いて、1260円 。

ディナーは金・土・日<17:30-20:00>とのこと。

◎電話番号をお知らせするのを忘れていました。

℡:0263ー31ー0317



★17日、ランチタイムに訪ねました。

味、量、盛り付け、素材の新鮮さ等々どれも満天!と言って

おきます!<きみ麻呂はお薦めです!>


★シェフは北信濃、御案内の奥様は群馬出身で長年お二人で

関東でレストランをやって来られたベテランコンビだそうで・・・


!!隣組みの「プルチーノ」をどうぞよろしく!! 

▼このアクセス数をご覧頂きたい!
生涯最初で最後のアクセス数記録でしょう!

地域:安曇野市
| イタリアン!
#プルチーノ | comments(7) | count(14445)

▼信州Liveon「安曇野井戸端かいぎ通信」:
~『プルチーノin安曇野・堀金』~
http://www.shinshu-liveon.jp/mypage/kimimaro/blog/node_135942#

ニックネーム:あづみの きみ麻呂自己紹介:
元斜陽時代<昭和40年代>の映画屋で、
大島渚監督プロや石原裕次郎プロモーション等で映画製作に関わりました。
ジャズと野球と桜と山岳景色大好き人間のあづみのきみ麻呂です。
2000年の夏、埼玉県から安曇野の自然環境に惹かれて移住してきました。
安曇野地域の合併に関わり、ひたすら安曇野のまちづくりに取り組んできました。

▼フォトは:
NHK朝ドラ「おひさま」の舞台になりロケセットが組まれていた―
安曇野市・堀金・岩原のロケ現場:
 

続きを読む >>
旅立ちの日に;最終章Ⅷ

◆信州Liveon:

あづみのきみ麻呂名で、2007年開設の「安曇野井戸端かいぎ通信」も、この三月末を以って終了する信州Liveonと一緒に卒業です!

7年間のご愛読、心より感謝申し上げます!

未だ、13日を残しておりますが、65歳で始めた私=あづみのきみ麻呂こと木下俊美めも昨年の12月に72歳になりました。明日、どうなるか分らないくらいに老いさらばえてしまいましたので、一応の区切りの投稿とさせて頂くことにしておきます!

今後、2週間の間、どうしてもお伝えしたい時には予告なく投稿しますが・・・。

尚、4月以降、約一ケ月間程度は購読出来るそうです。

 

 

 

◆また、継続しますブログは―

▼Seesaaブログ:「安曇野お気楽人日記」:

 http://adumino-kimimaro.seesaa.net/

 

▼ナガブロ:「あづみのきみ麻呂のザレ言」:

http://aduminpapa.naganoblog.jp/

 

▼それに、毎日更新しております「木下俊美のFacebook」:

 https://www.facebook.com/?ref=logo

 

続きを読む >>
3・11から三年日本の将来思う最終章Ⅶ

◆2007年に始まった―
 
信州Liveonの最終章Ⅶ: 
 
3月末に終わるが、この7年間には
 
政治の世界も自民党の相次ぐ失政
 
から民主党へ政権交代が行われた。
 
が―、政権運営の未熟さを露呈する
 
中に起こった未曾有の災害に見舞わ
 
れることになった。
 
 
◆<3・17(月)>信濃毎日新聞『建設標』;
私めの投稿文「大震災から3年 日本の将来思う」が
掲載されました!
 

◆2014年3月17日(月)/信毎「建設標」掲載元原稿

 

今年の3月11日は東日本大震災、12日は長野県北部大地震から3年目の節目の日だった。11日には、東京・国立劇場で政府主催の追悼式典が天皇・皇后をお招きして執り行われた。天皇陛下は「被災した人々が希望を失うことなく過ごしていかれるよう、国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切」と述べられた。が、それは原発などエネルギー政策や復興政策がともすれば統一性を欠いた現状に対する苦言のようにも私には思えた。また、安倍首相は「復興を更に加速させ、災害に強い強靭な国づくりを進めていく」と誓いの言葉を述べたが、今の安倍政権を視ていると災害に強いのではなく「戦争が出来る強い国づくり」を進めていくとの決意を示したと取れたのは私だけだろうか。アベノミクスや震災復興の成否も見極めないままに消費税増税を決め、原発再稼働を容認するなど、国民に資する政策ではない言わば私的な政治信条とも言える憲法改正に向けて特秘法の強行採決、集団的自衛権行使容認等々、積極的平和主義の名の下に戦争体制国家を造ろうとするのは国民に背を向けた首相だと言わざるを得ない。70年間も戦争することがなかったのは平和憲法のお陰であることを今一度考えて欲しい。

 
 
 
 ▼プロの新聞社が以下のように上手くまとめて頂いた!
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む >>
嗚呼!信濃グランセローズ:最終章Ⅵ

◆三月末で終了する「信州Liveon」の七年間の最大の思い出は何と言っても2007年4月に発足したBCリーグ「信濃グランセローズ」の思い出だろう。

年間に野球観戦出来るのはNPBプロ野球が2,3試合くらいの信州に、地域リーグ<県民球団>が発足したニュースには胸高鳴る思いだった!

2007年4月28日、オリスタの開幕試合には7000人のファンが集まり、熱気にあふれ返っていたあの日のことは忘れられない!

◆あれから7年目の今年<2014年>も4月13日・松本市営に於いて開幕する。

五代目の大塚監督が就任した。選手も総入れ替えのようなもの。さて~?

グランセローズの思い出のナンバー・1は、このブログでも一番のアクセスが寄せられた―

アカPこと赤津弘選手にまつわる記述だった。

<本人も信州Liveonに書いていた>アカP関連ブログは5回もあった。

▼関連ブログは=http://www.shinshu-liveon.jp/www/blog/keywordsearch/?keyword=%E3%82%A2%E3%82%AB%EF%BC%B0

 

◆町田孝行選手、市川貴之選手、坂田一万選手、松橋選手などとの

交流も好い思い出に残っている。がー

「アカP母さん」という思い出のブログを、ここでは再現記録しておこうと思う!

http://www.shinshu-liveon.jp/www/mypage/kimimaro/blog/node_85177#

 

続きを読む >>
忘れまじ!3・11&12最終章Ⅳ

◆今年の3月11日は東日本大地震から3年目の節目の日であり、12日は3・11の悲劇が続く中、深夜に北信を襲った長野県北部大地震から3年目でもある。
今月末で信州Liveonの終わりにあたって、もう一度、2011年にアップした記事を再録しておきたい! 
 
◆2011年・7月;私のブログ記事より~!

★鼻つまみ松本復興相  ー 続― 【 2 】

◆前代未門の失言イヤ破茶滅茶大臣が出現したもんだが、
きっと国民の前に曝され辞任に追い込まれることを...
一重に願いつつ一つのうんちく話をご紹介したい!

あの前サッカー日本代表監督の岡田武史さんが珍しく?というか
堪りかねてか?Twitterで怒りをぶちまけている―

<岡田さんのツイート>

Takeshi_Okada チーム岡田武史

shuntorigoeがリツイート

「菅さんが総理をやっている以上、法案を通させない」野党にも、
与党にもこんな風に言う政治家がいます。
子供の喧嘩じゃあるまいし、本当に日本の政治家は馬鹿です。
総理が誰だろうと国のためにやるべきことをやるのが国会議員だろ/
岡田武史のメッセージより http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Ft.co%2FIONnjEd&h=HAQESfzFN&enc=AZNR6coCWD94UWtI4XSIPzeTwpGiilHmB83VlnGKtBnZTsNlzHpvgXilBSmEu_hv9bXAMvilkt50GcLOZpEv1-V8R5P3flSecblyotPXoveOZC7CG096Qbq9GHIcHGRBR9oCLmN2oCew_9NzRuKvggdi&s=1
<6月28日 お気に入り リツイート>

▲全く同意ごもともときみ麻呂も思ったのだが、
更にそのツイートに強力なフォロワー(支持者)が反応していた。

その人こそ誰あろう!あのジャーナリストで、
きみ麻呂が痛く心酔している鳥越俊太郎さんなのだ。

◆<鳥越俊太郎さんのツイート>;
shuntorigoe 鳥越 俊太郎

岡田武史さんの発言に大賛成!総理の首を取ろうと躍起となってる与党も野党も議員はあほばかり。原発政策を推進したのは誰?9百兆円の大借金作ったのは誰?張本人自民党は反省の言葉一つなく、政権獲りに躍起。参院少数の民主党は右往左往、見ちゃおれん!
<6月29日 お気に入り リツイート>

▲まさに、その通りだ!

きみ麻呂もこのブログで以前から何度も言っている!

長年に亘って政権与党として牛耳ってきた自民党が―、
<時には公明党などと連立を組んで>国民不在の金権腐敗政治を
してきたツケが借金体質と900兆円もの大借金をつくり、
原発政策を推進。
政管財+学の癒着を生みニッチもサッチもいかない
日本にしてしまった。

その責任も感じず、謝りもせず官降ろしばかりの
<政局がらみ>ばかりに血道をあげている自民党がいる。

▲堪りかねた国民が自公政権に代わる民主党政権を創り出したが、
その民主党がこれまた同じような体たらくの政権に、
国民はガッカリ!絶望的になり掛けていたところに東日本大震災が
勃発したもんだからまさに、日本の悲劇の幕開けとなったのである!

◆そのさ中の松本龍復興大臣人事!

6月29日に発表された松本復興大臣にー、
そんな人おったんの?てなもんだったが、
選挙のときよく言われる「泡沫候補」的な存在だった人に、
この国難の復興を担わせるのは大丈夫なのかと思っていたが―
ヤッパリ、ヒデェー泡沫大臣だったのである。

こんな上から目線の傲慢人間に~なにが復興か!
なにが被災者の立場に立ってかあ?!
これでまた、復旧・復興の進行が遅れそうだ。が、だからと言って、
こんな馬鹿大臣を辞めさせられないようでは尚、
ろくな復興は望めないだろう!
 
◆3年前に書いたことがまさに、予想どうりの復興状態には???
政権交代した安倍政権も復興政策は口ばかりで―、
オリンピック招致の際に「福島は安全状態に保たれている」と言ったが
実際には汚染水は垂れ流し状態、核のゴミ処理場の手立ても何もかもが
全く目途が立っていないのに涼しい顔して外国に安全原発の営業をやる。
出鱈目&身勝手政権だと言わざるを得ない!

▼写真は現在の福島原発▼

続きを読む >>
安曇野井戸端かいぎ通信・最終章Ⅱ

◆雑 感?!
 昨日<3・3>は「ひなまつり」なのだが、安曇野は小雪舞う寒々しい一日でした。
―。9時過ぎ~11時半頃迄掛かり~職場に送り帰ってきた。
 
▼写真は―
 
①は今日<3・4>、【NHK・撮るしん】に採用になったばかりの―
安曇野固有の屋敷林越しに聳える常念岳です!
 
②は3・4撮影の同じ屋敷林越しの常念岳。
 
③は位置を変えたところからの木陰越しの常念岳。 
 
 

続きを読む >>
安曇野井戸端かいぎ通信:最終章Ⅰ

◆2007年の秋に始まった―

「信州Liveon」がこの3月末を

以って終了することになった。

事務局からのお知らせは:

 http://www.shinshu-liveon.jp/www/mypage/liveon/blog/liveon2#

私にとっての―

「安曇野井戸端かいぎ通信」は

今では生活の一部と言っても

過言ではないもの。

07年4月に「BCリーグ信濃」が

発足した年の秋だった。

安曇野市の合併~まちづくりに

関わってきたところから信毎さん

とのつながりがあった関係であろう

か? 

安曇野支局の(当時)加藤支局長より10月10日の夜に

電話があった。

年内に信毎webがスタートする。読者の「ブログ」もあり、

この時初めて聴いたのだが、<ブロガー>をやってくれないか―

というものだった。

当時、投稿と言えば、新聞・雑誌等の投稿だけは熱心にやっていた。

が―、インターネットでは某ブロバイダーのブログ投稿に悪戦苦闘し

ていていたところだったので逡巡したが、指導頂けるというので、

地域の事や自分の思う事を―、新聞媒体では選択されなければ

掲載されないというマイナス面をカバーできるメリットに魅力を感じ、

やらせて頂くことにしたのである! 

 

▲2007年10月29日にプレ開設ブログに初投稿した!

それが以下の「ブログ開始にあたって」のご挨拶だった。

アクセス数は私には予想外の3238アクセスとなっている。 

ブログタイトル「安曇野井戸端かいぎ通信」:

ブロガーは<あづみのきみ麻呂>~が開設された!

 

▲こうしてスタートした我がブログ「安曇野井戸端かいぎ通信」は―

6年と3ヶ月を以って終了することになる。

◆カテゴリ別の投稿数◆総計=1621(3月2日現在);

☆観光:<240>  ☆スポーツ<248>

☆エンタメ:<38>  ☆ライフ<497>

☆イベント:<15>  ☆お店・施設<31> 

▲一ヶ月平均:約22回投稿をしていたことになる。

 

◆現在、<SNS>:FacebookにTwitterの他、

これ以外のブログは休止状態のものを含めて5つを

こなしている。

これも一重に、信州Liveon事務局(重久基志氏他の皆様)の

ご指導のまさに、賜物と感謝申し上げる次第であります!

 

続きを読む >>